Chapter of oil-color painting.

​油彩画のページ

越前岬(F-30・91.0×72.7㎝)

​チェコ共和国・チェスキークリムロフにて(SМ・16.2×23.0㎝)

The scenery of some towers.

塔のある風景

チェコ共和国にチェスキークルムロフと言う美しい街があります。

中世の雰囲気そのままの佇まいは、「眠れる森の美女」とも称されています。

そんな街並みの中に幾つかの存在感溢れる塔屋があります。

​「煉瓦と塔」まさに中世の香りを感じさせてくれる居心地のいい街です。

ドイツ連邦共和国・ノイシュバンシュタイン城(SМ・16.2×23.0㎝)

ドイツ連邦共和国お馴染みのロマンティック街道を旅した時、印象に残った風景には決まって美しい「塔」がありました。

There is beautiful town called Cesky-krumlov in the Czech Republic. 

Its medieval atmosphere gives it the name, "Sleeping Beauty".

There are severa towers lining the cityscape. With "Bricks and Towers", it is a cozy town where you can feel the air of medieval times. 

When I traveled on the familiar romantic road of  Germany, this beautiful tower amidst the scenery left a lasting impression on me.

ドイツ連邦共和国・リューデスハイム(SМ・16.2×23.0㎝)

ドイツ連邦共和国・ローテンブルク(SМ・16.2×23.0㎝)

ことほぎ(SМ・16.2×23.0㎝)

安曇野にて(SМ・23.0×16.2㎝)

戸隠神社奥社への参道です。

年代を経た巨木の道を歩くとき、徐々に神域に入る緊張感と、それに相反する心の安らぎを感じました。

歩を進めるに連れて、木漏れ日の揺れる様子が少しでも伝わればと思いますが……。

This is path leading to Togakushi shrine, Okusya.

When walking along the path of large trees that have withstood generations, I could feel contrasting emotions of both solemnity and peace that comes from entering the precincts of a shrine.

I hope the painting conveys the gleam of sunshine that filters through the trees as we walk forward even a little……

奥社へ(F-8・45.5×38.0㎝)

柔らかな朝日の中で(F-15・65.2×53.0㎝)

長野県・戸隠高原でのワンシーンです。

木立を縫うように朝陽が差し込むとき、普段にも増してコントラストが濃くなります。その有様が面白くて、描いてみようと思った作品です。

It is one scene at Nagano Prefecture・Togakushi Plateau.

When chaoyang inserts like sewing trees, the contrast becomes stronger more than usual.

Their appearance is interesting and it is a work I thought about drawing.

上高地を描く

田代池湿原(F-4・33.3×24.2㎝)

上高地雨模様(F-4・33.3×24.2㎝)

メロディー(F-6・31.8×41.0㎝)

オーストリア・ウィーンに身を置いた自分を想像し、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲を何度も聞きながら描いた作品です。

もちろん、楽譜は架空の物です。

I imagined myself in Austria・Vienna and painted while listening to Mozart's violin concertos.

自然探勝路を歩く(F-4・24.3×33.3㎝)

上高地散策(F-8・45.5×38.0㎝)

透き通った空気の中、猛々しい穂高の山並みを見上げ、鳥の囀りを聞きながら歩いた自然探勝路。

やはり、創作意欲は嫌が上にも昂まります。

しかし、赤、緑、茶の見分けがつかない私にとって、筆を持つのに大変な勇気を要した作品です。

また、描いたことによって大きな自信を得た作品たちでもあります。

明神池(F-8・45.5×38.0㎝)

Walking amidst the crystal clear air,  looking up at the mountain ranges of Hotaka listening to the chirping of birds I feel compelled by the urge to create.

However it requires tre

Agein, disliking creative mendous courage to hold a brush for someone like me who can not distinguish between red, green and brown.

© 2023 by Brian Blunt. Proudly created with Wix.com